ACROFAN

韓国IBM主催2018年5大ニュース及び2019年5大主要アジェンダメディアブリーフィング

記事公開日時 : January 14, 2019, 2:35 pm
ACROFAN=Bora Kim | bora.kim@acrofan.com | SNS
韓国IBMは1月3日午前、ソウル市永登浦区に位置したそ自社事務所で韓国IBM主催2018年5大ニュース及び2019年5大主要アジェンダメディアブリーフィングを開催した。

このイベントは韓国IBMが2018年5大ニュースと2019年5大主要アジェンダを発表するために開催され、韓国IBMのジャン・ファジン社長、韓国IBMのオム・ギョンスン専務などの関係者が参加した中で行われた。

韓国IBMのジャン・ファジン社長は「2017年からクラウドプラットフォーム会社に生まれ変わると宣言した以降、2018年もまたその部分に集中して事業を進めてきた。2019年にはハイブリッドクラウド事業に注力を加える予定であり、2018年に引き続き人工知能とクラウドプラットフォームに重点を置く予定である。2018年にいただいた関心と応援を2019年にも継続的にお願いしたい」と述べた。

▲韓国IBMの新年メディアブリーフィングが開催された。
 
▲韓国IBMのジャン・ファジン社長は「2019年にはハイブリッドクラウド事業に注力を加える予定であり、2018年に引き続き人工知能とクラウドプラットフォームに重点を置く予定である。」と述べた。
 
韓国IBMの2018年5大ニュースとして「AI」、「クラウド」、「ブロックチェーン」、「システム」、「P-TECH」が発表された。

まず、「AI」を通じて拡張する一年であったと言及して概念実証(PoC)を越えて実際のビジネスに適用できるように様々な活発な試みをしてきたと明らかにした。その事例として現代カードとハングルベース人工知能チェトボトを作り、ロッテ百貨店とは人工知能ショッピングアドバイザーを作るなど、内部プロセスに人工知能を導入して効率的に業務を助けるようにした。また、チェトボトを超えて顧客応対用のチェトボトから様々な産業用人工知能の領域に企業用人工知能の活用領域を拡大したと付け加えた。

「クラウド」の面では「IBMクラウドプライベートプラットフォーム」の拡散を通じてオンプレミスの保安性と安定性を向上させるとともにパブリッククラウドのスピードと柔軟性を同時に提供したと発表した。韓国IBMのパブリッククラウド事業は昨年基準78%ほど成長しており、今年はプライベートクラウドが台頭されると紹介した。これと共にワトソン、ブロックチェーン、ビッグデータ分析などの最新技術をすべてクラウド上で提供し、オープンソース技術ポートフォリオの強者であるRed Hatを買収して色んな領域でリーダーシップを発揮するものと述べた。

次に「ブロックチェーン」の方面では2017年に比べブロックチェーンのプロジェクトの数が2.6倍に増加しながら国内の様々な概念実証プロジェクトが進行されたと発表した。TradeLens、IBMフードトラストなどの物流や食品流通ブロックチェーンを商用化したネットワークを立ち上げてブロックチェーンに基づいて取引を透明に進行し、リアルタイムで情報を共有して費用削減、早い速度などの利点を見せて、米国ウォルマートがIBMフードトラストを導入して果物流通時間を6.6日から2.2秒に短縮させた事例が紹介された。この他にもエベレストグループブロックチェーンサービスPEAKマトリックス調査を通じて韓国IBMのブロックチェーン事業遂行能力と影響力が優れていると発表した。

続いて世界中のTOP銀行の50個のうち44個が使用中であると紹介された韓国IBMの「システム」は、保安性、性能、安定性に基づいてKB国民銀行などの勘定系システムにも選ばれたと発表された。韓国IBMのシステムZはJavaでもプログラミングが可能でブロックチェーン技術をベースに新たにアップグレードされ、アプリケーションの駆動時にすべてのデータが自動的に暗号化され保安性が優れている。これと共にパワー9のフルラインナップを強化し完備しており、最近導入したサミットを通じて世界で最も早いスーパーコンピュータに登板した。

社会貢献プログラムである「P-TECH」は5年制公教育システムとして人工知能、サイバーセキュリティ、ブロックチェーンなどの先端技術に関する人材を養成する。米国で社会貢献として始まった「P-TECH」はオーストラリア、モロッコ、シンガポール、台湾に続いて韓国が6番目に実行するようになり、セミョンコンピューター高校と京畿科学技術大学と一緒に今年3月に開校予定にある。韓国IBMはカリキュラムを通して人工知能ソフトウェア学科を作って、一対一指導と韓国IBM有給インターン制度を運営する計画だ。

▲「ブロックチェーン」方面では物流や食品流通ブロックチェーンを商用化したネットワークを発足した。
 
▲IBMの「システム」は全世界TOP銀行の50個のうち44個が使用中であると紹介された。
 
まず、IBMの企業価値研究所によると現在世界中の85%の企業がマルチクラウドを使用しており、2021年までに98%がハイブリッドマルチクラウドを導入する予定であると紹介された。また、電子金融監督規定改正案など2019年には様々な金融規制が緩和されることが予想されることによって多くの企業が独自データセンターにクラウド環境を構築するプライベートクラウドとパブリッククラウドを効率的に使用する方法を使うものと見通した。韓国IBMはハイブリッドマルチクラウド力量、クラウド保安、オープンソース競争力などを備えてマルチクラウドマネジメントに対するサービス、ソリューションなどを提供する準備を終えてプライベートクラウドリーダーシップで市場を攻略すると明らかにした。

これと共にAIとクラウドが台頭されながら「保安性」の側面が重要であると発表された。個人情報とデータ保護問題が強化されてヨーロッパのGDPRなども準拠する必要がある状況の中で国内保安市場規模は2.2兆ウォン、保安サービス市場は1.26兆ウォンであった。これに韓国IBMはSOCを通じて顧客が望む人材が現場で保安関連サービスを提供したりリモートSOCを通じて人工知能を活用した保安技術を提供して特定保安人力が足りない点を解消しようとすると発表した。

次に「AI」の側面は2021年までアジア太平洋地域でAI市場が年平均69.8%成長し、50億ドルを費やす見込みであり、アジア太平洋企業の70%がAIを使用するものと予想された。韓国IBMはAIがデータを持ってどのように決定して勉強するのかを透明に表示できるようにして、AIを教育する過程で誤った知識が入らないように「AIオープンスケール」技術を介してデータの偏向性を検出して解決策を提供するものと発表した。

また、韓国IBMは「ブロックチェーン」にも集中して2021年まで産業特化ブロックチェーンを実装してオムニ生態系が拡張されながら取引費用が35%削減すると予想した。政府でも今年250億の予算を使って投票、海運、物流、政府間文書発送などブロックチェーン技術を奨励する政策を繰り広げる予定で、ブロックチェーンがさらに活性化されるものとみなされる。これに韓国IBMは昨年ブロックチェーン分野で2017年に比べ400%成長して、約600件のプロジェクトを実施し、10コ以上のブロックチェーンネットワークを稼働しており、今年は様々な業界別ブロックチェーン商用化ネットワークを発表及び活性化されるものと見て、トークンエコノミーが活性化されると予想した。

最後に韓国IBMが可能性を見て主力をかけている「量子コンピューティング」について発表された。2018年までIBMのクラウドを通じて世界中の10万人以上が「IBM Q」を経験しており、500万回以上の実験と110以上の論文が発表されて、1800個の教育機関と300個の民間研究所で「IBM Q」を活用してと紹介された。現在サムスン電子だけが量子コンピュータ「IBM Q」の開発に参加している中、韓国IBMは今年の上半期に主要機関や企業が参加した量子コンピューティングプログラムを発表し、量子コンピューティングシステムや両者暗号学の最初商用バージョンなどもリリースする予定である。

▲韓国IBMはSOCやリモートSOCを通じて特定保安人材が足りない点を解消しようとする。

▲「AIオープンスケール」技術を介してデータの偏向性を検出して解決策を提供するものと発表した。
 

▲今年の上半期に主要機関や企業が参加した量子コンピューティングプログラムを発表する予定である。


Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved