ACROFAN

ベックマン・コールターが、トータルラボラトリーオートメーションソリューションを発表

記事公開日時 : May 2, 2019, 7:09 am
ACROFAN=PRNewswire | mediainquiries@prnewswire.com | SNS

【ブレア(米カリフォルニア州)2019年5月2日PR Newswire=共同通信JBN】

*ターンアラウンドタイムの新たな標準を打ち立てる

*DxA 5000は、迅速で一貫したターンアラウンドタイムと業界で最も包括的な分析前サンプル品質評価を提供し、検査室の効率を向上させる

臨床診断の世界的リーダーであるベックマン・コールター(Beckman Coulter)は5日、市場をリードする自動化ポートフォリオに最新の製品、DxA 5000トータルラボラトリーオートメーションソリューションが追加され(the DxA 5000 total laboratory automation solution )、欧州CEマークと中国国家食品薬品監督管理局の認可を受けたと発表した。今日のヘルスケア環境では、検査室はターンアラウンドタイムの短縮を実施し、質の高い結果を提供し、検査室の運営を改善することで、患者ケアの向上に力を注いでいる。DxA 5000は、迅速で一貫したターンアラウンドタイムを実現し、新たなレベルの包括的な分析前サンプル品質の検出を提供し、手作業での処理ステップを削減して検査室の効率を大幅に向上させる。また、特許取得済みのイノベーションの集積を通じて、検査室がこうした課題に対処するのを支援する。

Beckman Coulter's DxA 5000 Total Laboratory Automation solution.
Beckman Coulter's DxA 5000 Total Laboratory Automation solution.

医師に結果をより迅速に報告すれば、患者の転帰に好影響を与えることができる。検査室では、検体の遠心分離が一般的に最も時間のかかる分析前の作業である。(注1、2)DxA 5000は、接続された複数分野にまたがる分析装置用に、分析前の処理時間を最大73%短縮する汎用の遠心分離プロトコルを利用し、新たな標準を打ち立てた。(注3)

さらにDxA 5000は、検査室が医師に高度な一貫性のあるターンアラウンドタイムを提供する支援をする。DxA 5000は、業界初のダイナミックシステムソフトウエアを活用、インテリジェントルーティングを使い、自動化された患者中心のワークフローを検査室にもたらす。要求される検査、利用可能なサンプル量、リアルタイムの分析装置の能力とステータスを理解することにより、DxA 5000はSTATとルーティンの両方で、すべての患者サンプルに対して最も迅速なルートを継続的に計算する。

ベックマン・コールターの製品とサービス担当シニアバイスプレジデントを務めるジョン・ブラックウッド氏は「DxA 5000は、当社の検査室パートナーの患者の転帰に好影響を与えるための取り組みを後押しすることに重点を置いた、トータルラボラトリーオートメーションの画期的ソリューションだ。ターンアラウンドタイムの迅速化とばらつきの減少によって、検査室は、1分1分が重要な環境で患者ケアを最もよく管理するために必要な重要情報を、より効率的に医師に提供することができる」と語った。 

▽比類のない品質評価と効率の改善

研究によれば、検査の分析前の段階で発生するエラーは、誤った検査結果の要因の最大75%を占め、26%が患者ケアに悪影響を及ぼす可能性があることが分かっている。(注4)さらに、誤った結果を引き起こす要因の大部分が、不適切な容量、サンプルへのラベルの貼り間違え、不適切な試験管のタイプなど検査室の外で起きている。(注5、6、7、8)DxA 5000は、サンプルの質の評価にしっかりと重点を置き設計されており、各サンプルを複数のポイントでスクリーニングし、検査室がエラーのリスクを大幅に減らすのに役立つ。同システムは3秒で、容量、サンプルの識別、試験管のタイプ、キャップの色、保留中のオーダー、試験管の重さなど、患者用試験管のパラメーターを検出する。同システムはまた、遠心分離前、遠心分離後、サンプル保存前の3つの別々のポイントでサンプル量をチェックするよう設計されているため、オーダーされた検査に十分な量を確実に利用できる。同時に、こうした品質評価は、誤った結果が出る可能性を減らし、新しい患者サンプルが必要になった時に検査室にすばやく警告することで、結果までの時間を短縮するのに役立つ。

サンプルの品質向上に加えて、検査室は、患者病棟と救急部門の両方に対する緊急の要求を処理しながら、大量の外来患者、出先機関、ネットワークのサンプルを管理するのに役立つワークフローソリューションも必要としている。DxA 5000は、システム全体のスループットやSTATのターンアラウンドタイムに影響を与えることなく、試験管やサイズが多種多様な患者サンプルで、大量の複数分野の要求を同時に管理する。サンプル処理ステップを自動化することで、DxA 5000は検査室が同じ人員配置レベルで1時間当たりより多くの結果を出すのをサポートする。

ブラックウッド氏は、次のように続けた。

  「当社の検査室パートナーと実施した研究と作業に基づけば、サンプル処理ステップは検査室の労働時間の約70%を占めることが明らかになっている。DxA 5000は、サンプル処理における手作業のステップを1つにまで大幅に減らす。サンプルの登録や品質評価から、追加検査の管理やサンプルの廃棄まで、DxA 5000は検査室の専門スタッフが高品質の結果を出し、効率を上げるのを可能にし、患者サンプルの例外を管理することに労力とスキルを集中できるようにしてくれる」

現在開発中の一連のDxAシステムの最初の製品であるDxA 5000は、ベックマン・コールターの拡張性のある包括的ソリューションポートフォリオを強化するもので、あらゆる規模の検査室にワークフローの自動化をもたらすというビジョンの重要な要素である。今回の販売開始は、長年にわたる顧客からの着想を得た設計と厳格な信頼性試験の集大成であり、迅速で一貫したターンアラウンドタイム、分析前エラーの検出改善、あらゆる規模の検査室のニーズに合うよう設計されたより効率的なワークフローで、正確な結果を出してくれるソリューションを提供するというベックマン・コールターの継続的な取り組みを強化するものである。

ベックマン・コールターは、規制当局による認可が出ている多くの国から20台以上のDxA 5000システムの購入注文を受けた。DxA 5000の510(k)申請は、米食品医薬品局(FDA)の認可待ちであり、米国ではまだ使用できない。

DxA 5000の詳細については、BeckmanCoulter.com/DxA(https://www.beckmancoulter.com/products/automation/Industry-Standard-for-TAT?utm_source=press-release&utm_medium=pr&utm_content=&utm_campaign=ous-auto-2019-dxa-5000 )を参照。ベックマン・コールターは、2019年5月19日から23日、スペインのバルセロナで開催されるEuroMedLabショーのブース#188でもDxA 5000を展示する予定。ベックマン・コールターが同会議に向け計画した内容の詳細については、BeckmanCoulter.com/eventsのEuroMedLab会議のページ(BeckmanCoulter.com/events )を参照。

▽ベックマン・コールター(Beckman Coulter)について

ベックマン・コールターは、科学、技術、そして当社チームの情熱と創造力を駆使し、医療転帰の向上における臨床検査室の役割を強化することで、あらゆる人のヘルスケアの増進に取り組んでいる。当社の診断システムは、複雑な生物医学的検査に使用されており、世界中の病院、参考検査室、診療所に置かれている。ベックマン・コールターは、臨床検査室やヘルスケアネットワークのパフォーマンスを向上させるよう設計された、人、プロセス、ソリューションのユニークな組み合わせを提供している。当社は、重要なメニューでケアを加速し、すべての人に自動化の恩恵をもたらし、臨床情報学を通じてより深い洞察を提供し、パフォーマンスパートナーシップを通じて隠された価値を解き放つことによって、これを実行している。2011年以来、Danaher Corporation(ダナハーコーポレーション)の事業会社であるベックマン・コールターは、カリフォルニア州ブレアに本社を置き、世界中で1万1000人以上の仲間が世界をより健康的な場所にするために懸命に働いている。

(注1)Estey CA, Felder RA. Clinical evaluation of serial blood processing at point-of-care. Clin Chem 1997;43:360-2

(注2)Roberts T, Smith M, Roberts B. Observations in centrifugation: application to centrifuge development. Clin Chem 1999;45:1889-97

(注3)Beckman Coulter Study, "Reducing the turnaround time of the pre-analytical phase by application of a rapid centrifugation profile." S. Frankenberger, et al.

(注4)Green. Sol. F., Clinical Biochemistry 46 (2013), 1175-1179.

(注5)J Clin Diagn Res, Nov; 7(11): 2491-2493. 2013.

(注6)LabMedicine, 41, 89-92. (2010).

(注7)Clinical Chemistry 53:7, 1338-1342 (2007).

(注8)DOI 10.1515/cclm-2013-0597. Clin Chem Lab Med 2013; aop.

*DxA 5000は、米FDAによる510(k)認可を申請中。米国では臨床での診断用にはまだ利用できない。研究的使用に限る。この製品の性能特性は証明されていない。

(c) 2019 Beckman Coulter。無断複写・転載禁止。ここに記載されているBeckman Coulter、図案化されたロゴ、およびBeckman Coulterの製品とサービスマークは、米国およびその他の国におけるBeckman Coulter, Inc.の商標または登録商標である。

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/880885/DxA_5000.jpg
ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/525815/Beckman_Coulter_Logo.jpg

Related Links :

https://www.beckmancoulter.com



Copyright ⓒ Acrofan All Right Reserved
 

社名 : ACROFAN
設立 : 2006年10月1日
社主 : 柳 在庸,創業主.
住所 : 〒07222.大韓民国ソウル市永登浦区楊坪路12カーキール14三扶ルネサンス漢江オフィステル1407戶
問議 : guide@acrofan.com
Contents API : RSS
Copyright(c) ACROFAN All Right Reserved